【通学して勉強するなら】

無料資料請求はこちら

【通信講座で勉強するなら】

無料サンプル教材はこちら

管理業務主任者「知りたい」

管理業務主任者は「独占業務」を持ち活躍します。

管理業務主任者は、具体的にはどのような役割を担うのでしょうか。
「独占業務」という言葉をはじめて聞かれた方に簡潔に解説しますと、独占業務とは国家資格を取得した者が、その根拠法で定められた業務を独占することをいいます。つまり「管理業務主任者の独占業務」については、管理業務主任者以外は行うことができます。
この独占業務の権限が、管理業務主任者には以下の3つに渡ってあります。

【独占業務 1】
委託契約に関する重要事項の説明および重要事項説明書(72条書面)への記名押印
【独占業務 2】
管理委託契約書(73条書面)への記名押印
【独占業務 3】
管理事務の報告

わかりやすく書きなおしてみます。
マンション管理組合とマンション管理会社が新しく契約を結ぶ時には、必ず管理業務主任者が重要事項の説明をしてマンション管理組合の了解を得た上で、管理委託契約書の記名と押印も管理業務主任者が行ってください(独占業務1・2)。また契約後の管理業務の経過について、管理事務の報告も管理業務主任者以外の人が行ってはなりません(独占業務3)ということです。

そのような管理体制を整えるために、国土交通省はマンション管理適正化法の制定に伴い、マンションの管理業務を専門に行う会社へ向け、「マンション管理業者登録簿」への登録と、マンションの管理業を営む場合、事務所ごとに「30管理組合に1人以上」の成年者である専任の管理業務主任者を設置することを義務化(例外あり)しました。

管理業務主任者資格の重要性をご理解いただけたでしょうか。マンションの管理のマネジメント業務は、管理業務主任者抜きに行うことはできないのです。

●マンション管理のマネジメントも大切な仕事

マンション管理会社に所属をしてはたらく管理業務主任者は、上記の独占業務以外にも、さまざまな仕事に携わります。それはちょうど宅建主任資格の取得者が、不動産会社で「重要事項の説明」だけに携わるわけではなく、営業や管理の業務なども任されることに例えることができるでしょう。そして管理業務主任者が日常携わる業務とは、建物の品質(資産価値)を維持することや、マンション管理組合で起こるトラブル等に対処することです。

しかしながら区分所有者間のトラブル対応は、どちらかと言えば、マンション管理に関するもうひとつの国家資格者であるマンション管理士の受け持つパートということができるようです。マンション管理会社の存在意義は、あくまでマンションを適切に維持管理すること。そしてこれはその方の年齢や経験年数にもよることですが、管理業務主任者は、一般的にはマネジメントをするポジションで、以下の業務に携わることが多いです。

◎資産管理や修繕計画の立案と遂行
◎管理組合運営における組合へ助言
◎マンション保守管理業務の実施

独占業務を担当する有資格者ということもあり、社歴とはそれほど関係なく、重要な仕事を任せてもらえるのが管理業務主任者のようです。

※試験対策を超効率的に進める、講義DVD情報はコチラ