【通学して勉強するなら】

無料資料請求はこちら

【通信講座で勉強するなら】

無料サンプル教材はこちら

管理業務主任者「知りたい」

管理業務主任者の試験概要・難易度

【試験の概要】

●受験者数
毎年2万人強。社団法人高層住宅管理業協会が実施する『国家資格』です。

●受験資格
年齢、性別、学歴等の制限は一切ありません。
・案内書の配布(8月1日~9月30日)
・申し込み受付期間(9月1日~9月30日)

●試験日程 
年1回。(通常12月の第1日曜日)

●試験実施地域
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市、計8地域
※受験申込者は、上記8地域より選択可能です。

●試験科目(試験が実施される項目/出題範囲)
1. 管理事務の委託契約に関する事項
2. 管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関する事項
3. 建物及び附属施設の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関する事項
4. マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関する事項
5. 前各号に掲げる他、管理事務の実施に関する事項

●試験方式
マークシート方式の筆記試験 四肢択一式(出題数50問・試験時間2時間)
●合格発表
例年1月の下旬に行われます。
(社団法人高層住宅管理業協会から、試験の全受験者に合否通知が送付され、合格者については合格証書が併せて送付されます。また合格者の発表は官報で公告されます。)

●受験手数料 8,900円

●詳細問い合わせ先
社団法人 高層住宅管理業協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-3 虎ノ門東洋共同ビル2F TEL 03-3500-2721
http://www.kanrikyo.or.jp/index.html

【合格率・難易度情報】

<管理業務主任者試験の結果>
年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
2005年度 22,576 5,019 22.2% 36
2006年度 20,830 4,209 20.2% 33
2007年度 20,194 4,497 22.3% 33
2008年度 20,215 4,113 20.3% 34
2009年度 21,113 4,329 20.5% 34
2010年度 20,620 4,135 20.1% 36
2011年度 20,625 4,278 20.7% 35
2012年度 19,460 4,254 21.9% 37
2013年度 18,852 4,241 22.5% 32
2014年度 17,444 3,671 21.0% 35

●合格率は毎年20%前後で推移

管理業務主任者試験は、合格率に対応した得点が、合格基準点に設定されていると推測されます。どういう事かといえば、試験の主催団体が、近年の合格率を「20%前後」と設定しているということです。従って、問題が難しい年度は合格基準点が低くなり、反対に試験が易化した年度は基準点が高くなります。
合格基準点は、大体33~35点の間で変動しており、35点以上が合格の目安です。
また、科目毎の足切り点はなく、総合得点で採点される。

それではなぜ、試験主催団体の(社)高層住宅管理業協会は、管理業務主任者の合格率を20%前後と設定しているのでしょう(推測)。それは、国土交通省および(社)高層住宅管理業協会が、それだけの人数(年間4000~5000名)の合格者を毎年継続して出すことが必要と考えているのではないかというのが、管理人の仮説です。管理業務主任者試験は毎回の受験者数が2万人前後でほぼ安定しています。そのため4000~5000名を合格枠とすると、合格率も必然的に20%前後に落ち着くことになります。そしてその年の試験の難易により、合格最低点のみが変動するわけです。
「行政は管理業務主任者の輩出に前向きである」というのが、管理人の考えです。全国的に見て、管理業務主任者にはそれだけのニーズがあるからです。